[公演・ステージ]

12/26,27の「サクラ大戦巴里花組ライブ2009」。 / 2009-12-28 (月)

 すごく久々にblogの記事を書きます。今年も色々と舞台を見てきましたが、 まぁ、やっぱりこれはちゃんと書いておかないといけないかなと思い、鉛並に思い心の筆を取りましたよ(笑)。

 というわけで、昨日、一昨日、青山劇場で行われた「サクラ大戦巴里花組ライブ2009~燃え上がれ自由の翼~」です。

 サクラ大戦の舞台としては、昨年夏の紐育星組のラストショウ以来。 辛うじて毎年公演というお題目が続いた感じです(笑)。

 正直なところ、昨年のラストショウで、サクラの展開は完全に終了だと思っていました。 広井王子氏がREDの役員から外れたということもあって、このままフェードアウトしていくんだろうなと。

 しかし、8月に突如として、隊長コンビ(陶山章央・菅沼久義)のウェブラジオが始まり、 9月にはこの巴里組ライブの発表と、正に青天の霹靂というか、どうしたセガ?といいたくなるような急展開っぷり。

 まぁ、ゲームの続編作るのは色々難しいでしょうし(紐育星組も結構不遇な扱いになってますし…)、 ラジオやショウの展開というのは、うれしい限りではあります。

 さて、そろそろ当日の話に。わたしは26日夜、27日夜の2公演に参加してきました。

 サクラ恒例、開場前のキャストご挨拶は、今回3公演ともあったようで、26日夜、27日昼は隊長コンビ+ベロムーチョ。 27日夜は3人に加えて、田中公平先生とシゾーでした。

 27日夜公演は先頭の方に並んでたので、無事皆さんと握手していただけました。シゾーは絶対出てくると思ってましたが、公平先生はびっくりしましたわ。 …しかし、俺DVDの映像に映ってんじゃないのか?気付いたらすぐ後ろにカメラいたし。乞うご期待(苦笑)。

 そして本編は「巴里花組ライブ」という名称の通り、歌中心のショウ。 とはいえ、そこはサクラ大戦のライブなので、客席のノリは歌謡ショウ系と同じで、基本は着席で手拍子のみ。 一幕、二幕のラストのみスタンディングOKで、二幕の後半はサイリウムOKという感じ。

 ライブハウスなどの「跳び」系ライブに慣れてる人は物足りなさがあるでしょうが、 女性率高め、親子率高め(実際親子用のファミリー席という設定がある)のサクラにはこれがいいんでしょう。

 一応、全体のストーリーとしては、テアトル・シャノワールで行われる、クリスマス特別公演を、 紐育星組のサニー、新次郎、昴が見にやってきたという内容。 舞台装置は比較的シンプルな構成でしたが、シャノワール内の背景は、なかなか見栄えがしました。

 曲数は新曲6曲を含む、全23曲。内容の詳細は、電撃さんのリンクはっとくので、そっちで見てください(笑)。

 今回は2日間3公演のという短いものということもあるんでしょうか、 驚くほどアドリブの余地が少なかった印象。

 前述の通り、初回と最後を見たわけですが、シゾーが大神隊長をいじるところや、みんながベロをいじるところは別として、 きっちり台詞が同じなんですよ。初回でアドリブなのかな、と思った横山智佐さんの結婚ネタとか、 内田直哉さんのレ・ミゼラブルネタとか、2日ともまったく同じでした(って、どっちもシゾーの台詞だな(笑))。

 ということは、それだけ台本が作りこまれているという意味なので、いやはやさすがというしかない。

 サクラの舞台を見たことがある人は、ご存知の通り、サクラの舞台というのは、 「声優さんの舞台」ではなく、あくまで「キャラクターの舞台」です。

 大体アニメ・ゲーム原作のライブだと、自己紹介が「○○役の××です」で始まって、声優さんが地声でMCやったりするわけですが、 サクラの舞台の場合は、徹頭徹尾キャラとして舞台に立ち、台詞もすべてキャラとしての台詞です。 もちろん、最後の挨拶などは、声優さん自身が感じていることを話しているでしょうが、キャラの声と口調できちんと話します。

 ぶっちゃけ、ここまでやっている舞台をわたしは他に知りません。 正直、ここまでコストがかけられる作品はまずないってのが実際のところだとは思いますが…。

 こんだけやってるんで、一般的なイベントに比べればチケットは高いです。 今回は9000円ですし、本格的に舞台仕立てのものになれば、10000円を越えてきます。 でも、それだけの価値がきちんとある。そう思える舞台なのです。

 27日夜公演では、幕が下りた後、5分以上に渡って(ぶっちゃけ、スタッフに散らされるまで)アンコールの拍手が鳴り続けました。 なんか、帰りがたくなるんですよね、最終日って。この濃さが、ある意味でサクラの魅力でありますな。

 幸いにして、今回のライブ中に、来年3月6日(土)に東京厚生年金会館で、帝都花組のライブショウが開催される旨、告知がありました。 チケット取り大変そうだけど、次があるって素晴らしい。去年のラストショウのときの悲壮感とは大違いだ!(笑)

P.S. このライブの開催にあたり、とんでもない尽力をし、また当日もあちこちで駆けずり回っていたセガの中山Pに感謝を。

■“サクラ愛”の御旗のもとに! サクラ大戦巴里花組ライブ 2009をレポート
http://news.dengeki.com/elem/000/000/225/225331/

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元