[本]

「乃木坂春香の秘密(10)」読了。 / 2009-06-25 (木)

 しばらく、電撃文庫作品が続きます(笑)。

 電撃文庫6月の新刊、『乃木坂春香の秘密10』(五十嵐雄策著)です。

 9巻の終わりが、バレンタインのどたばた騒動から裕人が家に帰ってくると椎菜がいた、っていうシーンで終わってたので、 どうなるやらと思っていましたが…うん、乃木坂ってこういう作品だよね(謎)。

 今回の構成は4話+エピローグ。全体的な印象としては、ようやくストーリーに巻きが入ってきた感じです。 内容的には、いつも通り、べたべたアマアマお約束なラブコメです。

 麻衣ふぇあれいでぃおで、ミキティかワダアツ(電撃文庫編集部の三木一馬氏と和田敦氏。ともに乃木坂の担当編集)が言ってましたが、 乃木坂は読後感として、春香のかわいさが残るように意識しているってことでしたが、さもありなん。 10巻の最初の話が、椎菜メインの話で、「あー、椎菜もかわいいなー。なんとか報われて欲しいなー」とか思ってるのに、 途中から意識が春香に向き始め、最後まで読み終わると、椎菜はどうでもよくなっていて、春香の印象だけが残っているという(苦笑)。 まぁ、それだけ春香のキャラの作り方が反則気味だってことなんですが。

 ちょろっとだけ各話の話をすると、椎菜メインの話は、まぁお約束な展開。勇気出して攻めてみるも攻めきれず…。 ラクロスの話では、新たにフラグをひとつ立て…。那波さんの話でも、なんか微妙にフラグ立ってるような…(全然内容説明になってない。気になる人は買って読もう(ぉ))。

 「乃木坂春香の秘密」という作品自体、大昔の少女マンガのお約束的展開をベースに、最近の少年誌的なお色気を混ぜてるような作品なので、 ある意味、想像から外れた展開にはならないのが、長所であり短所ですね。好き嫌いは結構はっきりわかれそうではある。 ま、わたしは大好物ですけどね(きっぱり)。

 しかし、最近は、すっかりタイトルである「秘密」ってファクターがどっかいっちゃってるよねぇ(未読の方向けに。春香がいわゆるアキバ系趣味を持っていることが「秘密」なのである)。 まぁ、そもそも学校のシーンがあんまり出てこないので、秘密を隠さないといけない相手がいないってのもあるんですが…。

 でも、ラクロス物のアニメが好き(ノクターン女学園ラクロス部)という理由で、ラクロスのコーチ頼まれるとか、 美夏は一体どういう説明をしたんだ、と正直思った(笑)。美夏の同級生達には、どう考えても春香の趣味は秘密だと思うんだが…。

 個人的には、最後にちゃんと春香の趣味をみんなに理解してもらうっていうエンディングを期待したいところ。 椎菜、良子、麻衣、3バカ辺りのクラスメイトはばらしても大丈夫そうだし。信長はいわずもがな(っていうか、明らかに知ってるだろ奴は)だし。

 前述の通り、ようやくストーリーに巻きが入ってきたので、いよいよクライマックスに向けて、 次巻から展開していきそうです。

 いやぁ、椎菜は最後どうなるんだろうねぇ…。 いやまぁ、結末自体はわかりきっているわけですが、どういう展開になるのかは気になりますわ。 あんまりひどいことにならないといいんだけど(苦笑)。 きっと、シリーズ読者はみんな椎菜を応援してると思うんだ。たとえ噛ませ犬でも、当て馬でも、なんとか輝いて欲しいところ。

 椎菜以外の立ちまくってるフラグもどうなるんだろう(笑)。全部そのままなかったことにされるのかなぁ。 最低限、美夏はなんらかのフォローが入ってくるとは思うんだけど…。 巻が進むに連れて、明らかに美夏の本気度が上がっていってるからなぁ。そのまま放置だとちょっとかわいそう。

 できれば、フラグ立ってるキャラがみんな集まって、本気で裕人を取り合ってしっちゃかめっちゃかになるとか、そういう話が見てみたいです。 すごく楽しいことになると思うんです。五十嵐先生、是非ご検討をお願いします(笑)。



■「乃木坂春香の秘密(10)」(五十嵐雄策著、電撃文庫)

 ・Amazonの商品ページへ

 ・bk1の商品ページへ