[社会]

JAS法上の表記について。 / 2007-11-28 (水)

 書かなきゃいけないものがいっぱい溜まってはいるのだが、ちょっとこの件はどうしても言いたいので先に。

 今日、崎陽軒のシウマイについて、原材料誤表記により自主回収、農水省が立ち入り調査というニュースが流れました。 これまでも、実はずっと考えていたことではあったのだが、今回の報道でブチっと切れた(苦笑)。

 今回の崎陽軒(実は、先ごろ報道された会社のいくつかもですが)、本来原材料の重量順に表記しなければいけないところ、 そうじゃなかったというのがメインの話です。

 これ、そんな大層な問題か?

 ぶっちゃけ、違法としたって、書面で指導すればいいレベルなんじゃないの? 立ち入り調査って何を調査してるのよ。誤表記があったから、業務のすべてが怪しいってこと? 農水省って、そんなに暇なのか?

 この重量順に表記しないといけないっていうルールの存在意義がそもそもよくわからないんですが、 これだけぼこぼこ出てくるということは、実は製造者側にもほとんど知られてなかったんじゃないかと邪推しているのです。

 だって、こんな材料の順番を変えたところで、消費者の受け取る印象なんて変わりゃしませんよ。 ということは意図して順番書き換えるメリットがないことになる。そもそも見てる消費者自身がそんなルールは知らないわけだし(赤福以降の一連の騒動で初めて知ったという人が大半でしょう)。

 メリットがないんだとすれば、単なる過失レベルの話だと想像されるわけで、こんな大袈裟に報道されるのは馬鹿げてるよ。

 正直なところ、一体全体このルールはいつ決められて、どんな告知のされ方をしたのかがすごく気になる。

 こういった、一般消費に関わるルール、それも表示に関するルールというのは、 見る側がその内容を理解しなければ、まったくもって意味がない。

 もっとはっきり言ってしまえば、消費者が理解していない表示の取り締まりなど、まったく金の無駄である。 もし、このルールに意味があるというならば、その取り締まりに使った予算を、制度の告知に使うべきだ。 今の状況は、食品表示がなんのために行われているのかという制度の根本が抜け落ちているように思えてならない。

 農水省はこれを機に、食品表示の意図と目的を再度、根本から考え直すべきだと思う。 ちょっとおちゃらけ気味ではあるが、表示をこんな風にすればいいのではないか。 「賞味期限」→「最高の品質で食べられる期限」、「消費期限」→「安全に食べられる期限」、 「原材料」→「原材料(重量順)」。

 いずれにしても、今回の一件で、わたしが腹を立てているのは崎陽軒に対してではなく、農水省に対してなのである。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 4 |

[公演・ステージ]

11/6と11/11の「パリ・ギャルド」。 / 2007-11-12 (月)

 滞ってる更新について、まずはこっから取り掛かります。台湾レポートは、まだ写真の整理ができてないのよ(汗)。

 日本では一般的に「ギャルド」とか「パリ・ギャルド」と呼ばれている、「パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団」の公演に行ってきました。

 パリ・ギャルドは、原語ではOrchestre de la Garde Républicaineといい、直訳すると共和国警備隊の楽団といったところでしょうか。 一般には「共和国親衛隊音楽隊」と訳されることが多いようです。以下では単にギャルドと呼びます。

 このギャルド、吹奏楽をやっていた人なら、ほとんど知らない人はいないと思いますが、その世界に関わりがなかった人にとっては、 まったく知らない名前かも知れません。

 前述の通り、フランスの軍楽隊なんですが、パリ音楽院卒業者から選抜されたメンバーで構成されており、世界トップクラスの吹奏楽団といえます (ギャルド自体は、弦楽器編成もあるので、実は「吹奏楽団」といってしまうのは語弊があるんですがね…)。

 というわけで、2回いってきたので、それぞれの感想をば。

■10/6 東京オペラシティ・コンサートホール(タケミツメモリアル)

 トランペットとフリューゲルホルンソロにセルゲイ・ナカリャコフを迎えたプログラム。 演奏曲目は以下の通り(SNと記載したものは、ナカリャコフがソリストとして参加する曲)。

 R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」、シュミット:ディオニソスの祭り、 ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー(SN)、J.S.バッハ:G線上のアリア(SN)、ディニク:ホラ・スタッカート(SN)、 バルトーク:舞踏組曲、ガーシュイン:パリのアメリカ人。

 著名な吹奏楽団が公演のときって、制服姿の高校生(推定、吹奏楽部員)がわらわらいるものなんですが、 今回もその例に漏れず、30人くらいの集団がいたり、価格の安いテラス席に主に生息してました(笑)。

 音に関して、実は最初のステージ上の音出しの時点で嫌な予感がしました。クラリネットが妙に悲鳴上げてたのですよ。 悲鳴ってのは、要するにひどく締め付けられた耳障りな高音のことです。

 最初のドン・ファンのクラリネットは、ピッチ(音程)ははまってないわ、悲鳴上げまくりだわで、ちょっとブルー入ってた(苦笑)。 ただ、途中に入ったホルンの音は身震いするほど素晴らしく、全体としては、まぁまぁという感じでした。

 次のディオニソスの祭りは、自分自身も昔やった曲。すげー難解で音符が多い曲なんですが、 日本ではコンクールの定番曲になっています(もちろん、これ選択するのはすごい覚悟がいるんですが…)。

 思い出補正もあったのかも知れませんが、すごく良かったです。ドン・ファンで気になったクラもちゃんとはまってたし、 100人編成できっちり鳴らすと、ものすごく格好良い曲だということを再認識。

 ラプソディ・イン・ブルー(以下、RiB)からは、ナカリャコフが登場。トランペット版のRiBって初めて聞きましたけど、 原曲ではクラがやる冒頭のグリッサンドから、本来のソロ楽器であるピアノパート以外の部分も結構吹くんですねぇ…。すごく新鮮なRiBでしたわ。

 RiBの後は20分の休憩。こっそり、楽団員が何人かロビーに顔を出していたり。気づいた人と写真撮影などしていた模様。

 2部はG線上のアリア、ホラ・スタッカートという小品からスタート。正直な感想。G線上のアリアは普通に弦の方がいいなぁ(苦笑)。 ホラ・スタッカートは小気味良かったんですが。ここで、ナカリャコフの出番は終了。 アンコールのような感じで、ソロで1曲吹いていかれました。…トランペットって、こんな器用な鳴らし方できるんですねぇ…。 まるでギターみたいに、高音の連続音の中に低音混ぜたり、濁らせたり、なんか凄かった…。 この最後のアンコールもどきのソロが、一番技術を見せ付けられた気がします、はい。

 もう、この頃になると、完全にハイテンションになっていて、心の底から楽しんでいました(笑)。 舞踏組曲も色彩豊かにリズムを鳴らしていたし、パリのアメリカ人も吹奏楽編成でこんな色合いの演奏ってできるんだなぁと嘆息。 凄すぎて自分らの演奏の参考にはならないかも知れませんわ(苦笑)。

 アンコールは5曲。ビゼー:組曲「カルメン」より「闘牛士の歌」、リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行、 フランス民謡「カルマニョーレ」、BEGIN:涙そうそう、J.シュトラウスII:ラデツキー行進曲。

 アンコールでますますテンション上がりまくり(笑)。あんまり、引っ張ることはせず、さくさくやって、総時間が2時間半くらい。

 終わってみると、最初のクラへの不満など吹っ飛び、ギャルドってすごいなぁという感想に落ち着いていた(苦笑)。 特に印象深かったのは、Wリード軍団(オーボエ、コーラングレ(イングリッシュホルンという方が通りがいいかな)、ファゴット)。 あとは、100人編成ならではの、Tuttiで鳴らしたときの迫力。もう、正に酔った状態で帰路に着きましたよ(笑)。

■10/11 よこすか芸術劇場

 オペラシティの公演があまりに良かったので、急遽とったチケット。

 実は5日にパリ管弦楽団を見に行く予定だったのが仕事の都合で行けなくなり(チケット捌きにご協力いただいた各位、ありがとうございました)、 曲目もパリ管と似てるから、いいかーとも思っていたり(笑)。

 このよこすか芸術劇場。わたし前から疑問だったことがひとつあって、名称表記が「横須賀芸術劇場」というのと、 「よこすか芸術劇場」って2種類あるんですよね、ここ。調べてみて、やっとわかりました。 「横須賀芸術劇場」というのは、施設全体の名前で、「横須賀芸術劇場」の大劇場の名前が「よこすか芸術劇場」なんですね (ちなみに、小劇場は「ヨコスカ・ベイサイド・ポケット」)。

 ここはクロークがあって、無料のコインロッカーもあって、ステージも見やすいし、いいホールですねぇ。 多くの人からすると、結構遠いというのがネックですが(苦笑)。

 こちらの公演も(いや、むしろこっちの方が)高校生がたくさんいる(笑)。 開演前はなにやら賑やかに騒いでましたが、バンドがステージに上がってからはぴったりと静かになりました。 さすがに楽器やってる面子だろうから、真剣ですな、こういうところは。

 こちらのプログラムは、ソリストなしのギャルドのみの演奏で、曲目は以下の通り。

 ベルリオーズ:「ローマの謝肉祭」序曲、デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」、ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」第2組曲、 ビゼー:「カルメン」組曲、ラヴェル:ラ・ヴァルス、ラヴェル:ボレロ。

 今回は最初の音出しでも、ひゃっひゃと悲鳴を上げている人はいなかった(笑)。曲ごとに簡単に流します(笑)。

 ローマの謝肉祭・魔法使いの弟子・三角帽子、この日ずっと感じたことですが、吹奏楽でこんな音が鳴るんだなぁとしみじみと思いました。 とにかくギャルドの音は華があるんだよなぁ…。曲自体、華々しい曲だというのもありますけど。

 あとは、やっぱりWリード軍団の上手さを見せ付けられました。特にコーラングレはすごい音がするなぁ…。

 休憩時間はやっぱり、何人かロビーに出てきてました(笑)。

 カルメン、これはよくオケでよく演奏される、第1組曲、第2組曲そのものではなく、演奏されたのは、4幕への間奏曲(アラゴネーズ)、 2幕への間奏曲(アルカラの竜騎兵)、3幕への間奏曲、前奏曲(闘牛士の歌)です。

 ラヴェル2曲。これも色彩華やか、特にボレロは同じ旋律を音色を変えながら演奏していく曲ですが、 ほとんど濁ることもなく(オーボエがちととちりましたけど(苦笑))、楽器の音の組み合わせを楽しむことができました。 オーボエとフルートのユニゾンとか、身震いがするほどで…。

 アンコールは2曲。フランス民謡「カルマニョール」、ニーノ・ロータ:8 1/2のテーマ。

 アンコール曲も素晴らしかったんですが、オペラシティは5曲だったので…という思いがちょっと。 最後にマーチが来ないってのもね…。隣にいた人もオペラシティ公演を見た人だったらしく、「え、終わり?」といっていた(苦笑)。

 確かに、横須賀公演はオペラシティと比べて価格が3割くらい安いんですが、それはソリストの有無による違いじゃないのかなぁ。 演奏時間が30分まるまる違うってのはどうなんだろう、とちょっと思った。

 あと、演奏は確かに良かったんですが、今回前の方の席で見て、足を遊ばせてるクラ奏者がいたりして、 あからさまに手を抜いてる様子が見えてしまったのも、ちょっとな…。 まぁ、それで演奏はおかしくなってないんだから、大したものではあるんですが(苦笑)。

 というわけで、一部、素直に楽しめなかった横須賀公演でした(苦笑)。

 全体を通しての感想は、やっぱり圧倒的な技術と迫力といったところでしょうか。 日本の吹奏楽は上手いんだけど、このダイナミズムはないなぁ(単に正確さという意味なら、日本のトップクラスの学生バンドの方が上かも知れない)。

 日本は、コンクールの定員が50人(中学・高校の部の場合)なので、どうも吹奏楽は50人編成というイメージがありますが、 オーケストラからのアレンジ曲やるならば、100人編成が必要なんだというのは強く感じた(でもそうすると、半分コンクール出れないんだよな)。

 でも、やっぱり生の音はいいねぇ…。ますます、生楽器とか生演技とか、そんなものに傾倒していきそうな今日この頃ですよ。

 しかし、今年はやたらにフランスのオケが来日してるのだが、交流年とかなんだったっけ?(笑)


[生活]

お、終わった…。 / 2007-11-08 (木)

 怒涛のような3週間がやっと終わった…。

 思えば、冬賞与絡みの手続きで忙しいところに、会社から急な案件がぼこぼこ降ってきたのが原因なんだよな…。 その上、わたしは10月末に台湾旅行のスケジュールもあったわけで、遊びと仕事取り混ぜて、えらい錯綜した3週間でした。

 賞与絡みの処理も一段落し、その他の案件もとりあえず落ち着いたので、これで少しまったりできます。 滞ってる台湾旅行の記事だとか、株式の記事だとか、アイマスイベントの記事だとかもこれから書きます…。

 とりあえず、夜にミーティング予定がないのが、今は快感です(苦笑)。


[公演・ステージ]

一昨日の「米米CLUB」。 / 2007-10-01 (月)

 先週末見に行ってきたステージの感想を書く試み、その1。

 まずは、29日(土)、さいたまスーパーアリーナで行われた、米米CLUBのライブです。 ちなみに正式名称は「a K2C ENTERTAINMENT 米米CLUB 再々感激祭「ホントマツリ」編~マエ編とアト編で忙しくて忘れてました~」です(長い)。

 実は去年の「マエノマツリ編」「アトノマツリ編」も行ってるんですが、そういえば、ここには書かなかったなぁ…。

 今回のさいたまスーパーアリーナは、今年のツアーの初日、そのせいかかなり濃度が濃かったですね…(苦笑)。 物販はそれほど無茶な混雑ではなかったんですけど(ライブ中の応援グッズ以外はかなりお高いのはいつも通り(笑))。

 今回の相方は(う)(コ)両氏。諸般の事情により、開演時間ぎりぎりに入りましたが、開演が押したので、なんら問題なし。 というか、入ってまず思ったんですが…ひょっとして、今回400レベル(4階席)って開放してない? なんか、200レベルと300レベルしかないように見えるんですが…。むー、謎い。

 ここの常連には、これから見に行く人はいないと思いますが、検索で引っかかってくる人もいると思うので、詳細はぼかしつつ感想を。

 今回は2部制で、途中に15分間の休憩が入ります。1部はネタ系のステージで(いつもの前半だと思ってもらえばいいです)、 2部が盛り上げ系のステージという感じ。

 1部の最後、某曲で徐々に音が小さくなっていき、メンバーがしゃがみこみ、客席もみんな座らせる。 その状態で音が完全に聞こえなくなった瞬間、鳴り響くチャイムの音「ただいまより15分間の休憩を~」館内爆笑。 いや、なんつーか、ひどすぎる(誉め言葉)。メンバーが全員ステージにいる状態で、休憩のアナウンスってありえないぞ(笑)。 あんまりひどすぎるので、次からは変えるといってました。なので、代々木以降は変わってるかも知れません(というか、毎回違うのか?)。

 あ、ちなみにステージ設備のデザインはインド風ですが、ステージ内容は全然インドと関係ないです(笑)。

 今年の米米はa-nationなど、結構各地のフェスに参加しているのですが、すごいアウェイだったそうで(苦笑)。 まぁ、確かにいつものライブのノリでやったら、一般人はドン引きだろうなぁ…。 いつものノリを知らない人が多いか…。まぁ、要するに下ネタ全開だったりするんです(笑)。

 今回は休憩が入ってることもあって、前回のような息も絶え絶えになるような激しさはないので、 そういうのがお好みの方は少し物足りないかも知れません。 まぁでも、ノリ自体はいつも通りなので、ファンは十分楽しめるでしょう。 というか、下ネタにあまり抵抗がなくて、コメディ系のエンタテイメイトが好きな人は、大体楽しめると思うなぁ。あと、パラパラ好きなら完璧(謎)。

 10/16、17の横浜アリーナ公演はまだチケット余ってるようなので、興味ある方はどうぞ(ド平日ですが)。


[公演・ステージ]

昨日の「ドリル魂」。 / 2007-10-01 (月)

 先週末見に行ってきたステージの感想を書く試み、その2。

 今度は、30日(日)、池袋・サンシャイン劇場で行われた「ドリル魂~ガ・ガ・ガ・ガ・ガ~」(劇団扉座公演)です。

 これ見つけたのは、サクラ大戦・歌謡ショウのDVDばっか見てた頃で、関係者のblogとか探してて、扉座のページにたどり着いたんだな。 サクラ大戦・歌謡ショウと扉座の関係は割と深くて、歌謡ショウの後半5年の演出をやっているのは扉座の茅野イサムだし、 客演しているのも、扉座の人が結構いる。逆に、扉座の舞台に横山智佐が出たこともありますし。 ぶっちゃけ、この「ドリル魂」に関する対談が扉座のウェブに載っているんですが、 その第1回目の相手が広井王子だったりするくらい(しかも、横山智佐が乱入)。

 うん、どうも背景説明ばっかり長くなるのは、わたしの悪い癖だな(苦笑)。そろそろ、作品の話に入ろう。

 この「ドリル魂」は、建設現場ミュージカルと言われています。 呼称からして、舞台ではなく現場、公演ではなく工事見学会(わたしが昨日見たのは池袋現場の工事見学会(笑))、役者ではなく作業員。

 客席の前2列は「見習い作業員席」とされ、ヘルメットと防塵マスクが配布されます。 また、工事用ヘルメットを持参した観客には「優良作業員証」がプレゼントされていました(笑)。

 ステージ上は鉄骨の足場が組まれ、緞帳代わりに緑色のシートと蛇腹式のフェンス。 出演者(作業員)はニッカボッカに地下足袋の格好で、ツルハシや電気ドリルを持って舞台(現場)に立ちます。 開演前にステージから聞こえる音はベルの音ではなく、ラジオ体操第一という具合。

 下に公式ページをリンクしてありますが、見ればわかると思いますが、写真を見る限り、とてもミュージカルの舞台とは思えません(笑)。 昔のドリフの番組「8時だよ!全員集合」がわかる人は、館物のような舞台装置を想像すると、あんまり外さないかも。

 ステージ内容は、どちらかというとコメディ寄りで、作業員たちの人間ドラマを中心に進みます。 ミュージカルなので、歌やダンスが入るんですが、スコップやツルハシを振ったり、アーク溶接をしたり(本当にやってます)、 また、電気ドリルでコンクリに穴を開けたりもします(これも本当にやっている)。

 スモーク漂う舞台というのは、よくありますが、粉塵漂う舞台というのは、そうそうないでしょう。 見習い作業員席で配られる防塵マスクは、まさにこの対策で、電気ドリルが登場する前になると、マスクをするように指示が出ます(笑)。

 作業員は頻繁に鉄骨の足場を上り下りしていますし、エアリアル(紐や布を使って、空中でする演技)や殺陣も含まれていて、 非常に立体的かつ盛り沢山な舞台でした。まさに、ステージ上を上空まですべて使っているという感じ。

 題材が題材ですし、劇団四季やレ・ミゼラブルのような洗練さはありません。 ですが、確かに日本人の心には響くものがあると思いますわ。まさに、すぐそこでありそうな情景ですし、何より本当に人間くさい。

 昨日が千秋楽だったわけですが(わたしが見たのは昼公演で、夜が最後)、直前で出演者の交代があったり、色々騒動があったようです。 しかし、ステージからはそんなことは感じさせず、立派なものを見せてもらいました。

 再演があるなら、必ず行きます。昨日、カメラが入ってたんだけど、DVD化したりしないのかなぁ…。 まぁでも、生で見ないと、迫力は伝わらないかも知れないけどねー。

扉座公式サイト